堀江撮影記。オレンジストリート周辺とカフェでオシャレな写真を楽しむ

こんにちは、大阪在住の写真家Yuto(Twitter Instagram)です。

大阪のオシャレスポットといえば堀江ははずせないでしょう。
特にメインストリートであるオレンジストリートは堀江の中でも賑わっており、オシャレな建物やオブジェ、看板などが多いです。

そんな堀江で、スナップとポートレートを撮ってきたので写真とともに紹介します。

Instagramでも写真を投稿しています。

本題に入る前に軽く自己紹介させてください。

Yutoと申します。2010年に一眼レフカメラを買って以来、今日に至るまで飽きることなく撮り続け、2019年からは写真だけで生計を立てるようになりました。

そして2022年10月末に玄光社より「バズる!写真編集術」を出版。編集テクニック本ですが、これまで撮影してきた写真をぎゅっとまとめあげて自分の写真の総振り返りとなりました。

編集テクニックだけでなく編集を前提とした撮影や、編集時の考え方なども記載しています。

そんな感じで写真ライフを送ってきましたが、2022年に大阪にも撮影拠点ができたことにより、大阪とその近郊(関西地方)を集中的に巡るようになりました。
普段はブログ発信や写真のオンラインサロン「エヌピクチャーズ」でメンバーの写真添削や現像レタッチ講座などを行っています。

あわせて読みたい
写真のオンラインサロン「エヌピクチャーズ」 あなたが自身の写真技術を向上させたいと願いながら、どう進めば良いのか迷っていませんか? 無料の情報が溢れる現代では、他人から自分の写真に対する評価やフィードバ...
目次

堀江がどんな場所かを紹介

なんばハッチの北、アメリカ村三角公園から少し西に進んだところにあり、四ツ橋駅が最寄りのエリアです。
大阪屈指のオシャレスポットとして知られており、特にオレンジストリートは堀江のメインストリートとして賑わっています。

かつては材木屋が並んでいたそうで、北堀江と南堀江の間には堀江川という川が流れていました。
第二次世界大戦で焼け野原となった後は、家具屋が多く並ぶ街として復興され、今では服屋、カフェ、雑貨屋なども増えて今日のオシャレな堀江の姿となっています。

道頓堀川沿いにある「Canal Terrace Horie」
煉瓦造りの建物がオシャレ。
個性的な看板やファサードが目立つ堀江。奥の通りがオレンジストリート。
シンプルな壁に大きな窓がある様は日本らしくない光景になっている

個性的な建物が並び、それぞれのお店が様々な飾り付けや看板を出しているので、散歩しているだけでも楽しいです。

堀江エリアを囲むように地下鉄が走っているので、最寄駅は複数ありますが、一番堀江らしい雰囲気があるオレンジストリートこと「南堀江立花通」に近いのは四つ橋駅です。なんば駅、心斎橋駅からも徒歩圏内です。

堀江でストリートスナップ

堀江はオシャレな街なので、オシャレな人たちがたくさん歩いています。

海外チックなオシャレストリートスナップが撮れる

晴れた日は日向と日陰をうまく使ってシルエット撮影が楽しい。
アメリカンな雰囲気がめちゃくちゃ良い。
雨の日は傘というストリートスナップにおいて最強の要素が加わる。
傘があると無駄な余白が綺麗に埋まる。
高級車。かつて試乗したことがあるが、とても静かで乗り心地が良かった。
なお買う資金は用意できなかった模様。
午後の光が綺麗にさしこむ。
レトロな雰囲気に仕上げるレタッチと相性が良い。
ちょっと工夫することで玉ボケを画面いっぱいにして撮ることができたりする。
スナップではどんな写真が撮れるのか実際にやってみるまでわからないという面白さもある。

オシャレかつ海外チックなスナップ写真が撮れるのは堀江ならではですね。
自分のレタッチは色被りを取り除くことが多いのですが、堀江のようなところではあえて色被りさせて映画のような雰囲気にすることでオシャレさが表現できたかなと感じます。

ユニークな建物やオブジェが多い

真っ白な壁の建物
ログハウス風の壁
これは大阪っぽい 笑

冒頭でも紹介しましたが、ユニークな建物やオブジェが多いです。

ビリケンさんのような人形がこっちを向いているのは大阪ならではといった感じです 笑
実はスーパー玉出があったり、超オシャレな自転車屋があるところも大阪らしいですね。

ポートレート「#フランスパンで映えてみた」

オシャレな場所にはフランスパンが合うだろうということで、フランスパンを小物として用いてポートレートをしてみました。
フランスパンは撮影後に食べられるのが良いですね。バターをつけたり、アヒージョと一緒に食べるのが好きです。

「ちょっと膨れた顔して歩いてきてください」とお願いした1枚。
ファッション誌にありそうなシチュエーションを狙った。
シンプルな壁はポートレートしやすい。
壁に落ちる影が綺麗だったので撮った。
「Light and Flaky pizza」前で撮影した1枚。
ここで休憩後お店の前で少し撮影させていただいた。

色々な色の壁があるのでポートレートもしやすいです。
ただし、お店の壁がほとんどなので無闇に敷地内で撮ったり、営業妨害(出入り口付近で撮るなど)にならないように気をつけながら撮りましょう。

カフェなど紹介

Light and Flaky pizza(ライトアンドフレイキーピッツァ)

ピザ屋さんですが、カフェメニューもあります。
鮮やかな水色の壁が特徴で、北堀江エリアにあります。出来立ての頃に偶然見つけて入ったのですが、お店の方もフレンドリーでケーキとコーヒーを美味しくいただきました。

Cafe LE PINEAU(カフェ ル ピノー)

打ちっぱなしコンクリートが外観の目立つ建物です。
ケーキ屋とカフェが並列しており、ケーキを頂く場合は隣でケーキの注文が必要だとのこと。
店内は高級店のような雰囲気ながらもカジュアルな空気感であり、居心地が良いです。

撮影機材

スナップでは24-105のズームレンズを使って構図を整えてます。
カフェは暗いので35mmや24mmの単焦点レンズが活躍しました。

ポートレートでは24mmを使っています。広角で扱いが難しいイメージもあるかもしれませんが、狭い場所では24mmこそ良いレンズということも十分あります。最短撮影距離が短いことも良いですね。

まとめ

大阪屈指のオシャレの街、堀江は難波や梅田とは一味違った雰囲気でした。
インテリアや雑貨は個人的に興味があるので、撮影の途中に少し立ち寄ったりすると楽しいですね。オシャレな花瓶などもあるのでこれを使って室内撮りをしてみるのも楽しそうだなぁと考えていました。

スナップ、ポートレートともに楽しめるエリアですが、特に雨の日は傘と一緒に撮るのが最高ですね。ポートレートは堀江らしい少し個性的な服装で来るとオシャレな写真が撮れるのかなと感じました。

難波、心斎橋からも近いので、堀江に興味のある方はぜひ訪れてみてください。

目次