【ネモフィラ】花博記念公園鶴見緑地はメルヘンな絶景が広がる

こんにちは、大阪在住の写真家Yuto[X(旧Twitter) Instagram]です。

大阪を代表するネモフィラスポット「花博記念公園鶴見緑地(鶴見緑地)」の紹介です。風車とネモフィラとチューリップを組み合わせて撮れるなんともメルヘンな絶景スポット。
この記事ではアクセス方法と鶴見緑地の紹介、実際に撮れる写真を紹介します。

私の著書と運営している教室です。

あわせて読みたい
月額制写真教室「エヌピクチャーズ」 【困っている人集まれ!】 圧倒的なレタッチ術を伝えます! 写真講評・レタッチ完コピ講座などLightroom ClassicやPhotoshopを使って写真編集術をメインで教えています...
目次

基本情報

アクセス

  • Osaka Metro長堀鶴見緑地線「鶴見緑地」駅 下車すぐ
  • 大阪シティバス:「鶴見緑地公園前」停留所または「諸口」停留所が最寄り

入場料

無料

花博記念公園鶴見緑地はこんなところ

かなり広い公園です。今回お目当てのネモフィラは風車の丘というところにあるので、事前に場所を確認しておくと良いです。

緑がまばゆい中、ネモフィラが咲き誇る風車の丘へ向かう

ネモフィラが見頃をむかえるタイミングは新緑も綺麗です。晴れた日には緑と青のコントラストが爽やかで気持ち良いです。

風車の丘の斜面に沿ってネモフィラ畑が広がっている

風車の丘の全体像はこんな感じです。丘がネモフィラで埋め尽くされているわけではありませんが、通路になっているところが多いのでいろいろな角度からネモフィラと風車にアプローチできます。

一部はネモフィラとチューリップが同じところに植えられている

定番構図はネモフィラとチューリップが一緒に咲いている花壇の下からです。人が多くいるので比較的わかりやすいです。

メルヘンな絶景が広がる

鶴見緑地のネモフィラの魅力といえばなんといっても風車と組み合わせてメルヘンに撮れることでしょう。チューリップも一緒に咲いているので、チューリップの花が落ちる前のタイミングに行くことをオススメします。

鶴見緑地
鶴見緑地でのお気に入り。

よく晴れた日に順光でネモフィラとチューリップと風車を撮りました。風車の羽?の位置が結構ポイントになるなと感じタイミングを合わせつつ、手前のチューリップの配置のしかたでも写真のイメージが大きく変わるので、定番スポットながら奥深い場所だという印象でした。

ネモフィラとチューリップ以外は絶対に写さないという気持ちで構図を決めた。

ネモフィラとチューリップだけで画面いっぱいにしてみました。ズームレンズで微調整することで構図を整えていきます。

ゆるふわ。

マクロレンズを使ってネモフィラにクローズアップ。ネモフィラは花が薄く、茎が細いので可憐な雰囲気がよく合います。

小さな花でもマクロレンズはものすごく寄れるんだなと改めて認識。

さらに寄りで。同系色ながら青空とよくマッチします。溶け込む感じが良いですね。

撮影機材

花がある風景を撮る時はズームレンズが便利。超広角から中望遠ぐらいまでをカバーしているラインナップであればどんな構図でも対応しやすいです。
実際の撮影ではα7IIを使っていましたが、今からであればα7IVをオススメします。

一輪の花にアプローチをする場合はマクロレンズや中望遠レンズなど寄りやすいものがオススメです。

まとめ

ネモフィラとチューリップはチューリップのほうが花が落ちるのが早いので、行くタイミングに気をつけてください。またチューリップの入れ方次第で写真のイメージが結構変わります。
簡単そうに見えて結構奥が深い鶴見緑地のネモフィラでした。

目次